悩んでいる方はまず体験入居を。

有料老人ホームの体験イベント

  • 皆さんの家族の誰かが、或いは皆さん自身が有料老人ホームに入所することを考えている場合、入所する有料老人ホームを選ぶことが大切になってきます。老後を過ごすということはつまり、老人ホームに入るかもしれない、ということですから。

    実際に有料老人ホームに入所した後に、「こんな有料老人ホームなら入所するのではなかった。」と後悔することがないように、しっかりと有料老人ホームを選びたいものです。

体験イベント実施はこれからの標準

  1. 最近では多くの有料老人ホームでも、体験入居、或いは現地見学等といったイベントが行われています。

    先に紹介したように、自分達の希望や要望、要求に沿った有料老人ホームを探して、一連の選択作業を経た結果、「これは」というふうに気に入った有料老人ホームが見つかったとき、もしその有料老人ホームが体験入居や現地見学等のイベントを行っていたなら、早速それに申し込んでみましょう。

体験イベントの利点

そうしたイベントに参加することで、実際に自分の目と耳とでその有料老人ホームの設備や施設、及びサービス内容等を確かめることができます。

「百聞は一見に如かず」と言いますが、資料で見たところのイメージと実際の有料老人ホームの姿は往々にして違っていたりするものです。

事前に有料老人ホームに関して調べていて、いざ実際にその有料老人ホームを訪れてみたら、事前に抱いていたイメージと大きく異なっていた、といったこともよくあります。

いずれにせよ、実際にその有料老人ホームを見、そして有料老人ホームでの実際の生活を体験できる貴重な機会ですから、そうした機会があればふんだんに活用しましょう。
どんな活動をするの? どんな趣味をやるの? 人間関係は? どんなサービスを受けるの?
また有料老人ホームでの体験入居や現地見学のイベントに参加する前に、その有料老人ホームに関する疑問点や不安な点、或いは知りたいこと等のチェックポイントを整理しておき、そして実際に体験入居や現地見学でその有料老人ホームを訪れたときに、それらを一つ一つ照らし合わせながら見ていくとより効果的です。

またその際、既にその有料老人ホームに入居している入居者の話をたくさん聞いておきましょう。何と言っても実際にその有料老人ホームに入居している高齢者、或いはその家族の話には説得力があります。

そうしたことからそこの有料老人ホームの長所、短所が理解できますし、また有料老人ホーム入所後の生活のイメージがより鮮明に描けることになるでしょう。 また折角ですから、一ヶ所の有料老人ホームに限らず、できることなら二カ所以上の有料老人ホームの見学や体験入居をしておいたほうがいいでしょう。
"

pickup




最終更新日:2019/9/26


Copyright(C) 老人ホームどっとこむ All Rights Resreved.